レーシック手術を受ける前に

何事にも必ず準備が必要です。注意事項をしっかりチェック!

数あるレーシック(近視矯正手術)が行える中で選ぶには?

神戸クリニック
検査予約

手術詳細も上記予約ボタンから

2011年の12月より神戸クリニックと神奈川アイケアクリニックが統合し、新たな神戸神奈川アイクリニックが誕生しました。関西のクリニック中心だった神戸クリニックと関東中心だった神奈川アイケアクリニックの統合により、全国をカバーする国内最大規模のレーシック専門クリニックになりました。より多くの視力低下で悩まれている患者様に対して手厚いフォローができるようになりました。全国に随時セミナーを開催し、レーシックへの啓もう活動に尽力しています。特に芸能やスポーツ関係の人がたくさん受けている事でも知られています。

料金:アイレーシック 35万円(両目)

適応検査:無料

所在地:東京(新宿・恵比寿)、愛知(名古屋)、兵庫(三宮)、大阪(梅田・堂島)、北海道(札幌)、北九州(小倉・天神)

手術を受けた有名人:熊田曜子、オリエンタルラジオの中田・藤森、ハリセンボンの春菜、サッカー界では玉田、野球界ではメジャーの黒田、オリックスのT-岡田、他多数。

教えてレーシック

レーシック手術を受ける前の注意

レーシックで診療・治療をする前には事前の準備が必要です。必ず手術前や検査の時に先生からその注意点を説明されますのでしっかり守って手術に臨んでください。

  • コンタクトレンズを普段から着用している人は手術前の一定期間はコンタクトレンズの使用ができません。これはハードやソフトによってもその期間は違っていますので、よく先生の話を聞いてください。
  • 全ての人が必ずレーシックが受けられる訳ではありません。角膜が薄いと診断されてしまった場合は、残念ながらレーシックを受けることができない旨を説明されます。その場合は先生の判断に沿って、あきらめましょう。
  • 無理に視力を2.0にしたいとか、過度の視力を強要しないこと。逆に人によっては見えすぎることで頭痛や目まいを引き起こす場合があります。

以上となります。